■常設展示コーナー「はがいちようのミニチュアコレクション」が、秋葉原イエローサブマリン(ホビーショップ)の中にあります。

イエローサブマリン秋葉原本店★MINT[スケールフロアーコーナー]
住所:千代田区外神田1-15-16 新ラジオ会館6階
電話:03-5298-7712
営業時間:午前10時〜午後8時
http://ysscaleshop.blog137.fc2.com/


品物にはすべて値段がついております。
遠慮なく店員を呼んでケースを開けてもらい、ご覧になってください。




■作者の駒込スタジオに併設したプライベートギャラリー「ICHIYOH」があります。

Private Gallery ICHIYOH
住所:東京都北区中里3-23-22
営業時間:午前10時〜午後6時
電話:080-5497-3497
入場料:100円
不定休:気まぐれ営業に付きあらかじめメールか電話でお問合せの上ご来場ください。


Private Gallery ICHIYOH




■銀座ITO-YAの本館11階に伊東屋作品(正式題名:伊藤勝太郎の店)が常設展示されています。

銀座ITO-YA:東京都中央区銀座2-7-15
電話:03-3561-8311
営業時間:<月〜土>10:00〜20:00 <日・祝>10:00〜19:00
http://www.ito-ya.co.jp/ginza/


銀座ITO-YAにて




■「トキワ荘通りお休み処」の2階に、はがいちよう作によるトキワ荘(縮尺1/50)が常設展示されています。

住所:東京都豊島区南長崎2-3-2
電話:03-6674-2508
営業時間:午前10時〜午後6時
入場:無料
URL:https://www.toshima-mirai.jp/tokiwaso/


@トキワ荘通りお休み処




■「石ノ森萬画館」において、芳賀一洋作によるトキワ荘(縮尺1/15)が常設展示されています。

場所: 石ノ森萬画館(宮城県石巻市中瀬2番7号)
    作品は「トキワ荘の青春」というコーナーに展示されています。
電話: 0225-96-5055
URL: http://www.mangattan.net/
営業時間:午前9時〜午後6時(12月〜2月までの期間は午後5時まで)

石ノ森萬画館にて




■真岡鉄道真岡駅に、芳賀一洋作による「昭和初期の真岡駅」が常設展示されています。

場所: 真岡鉄道・真岡線・真岡駅コンコース
住所: 栃木県真岡市台町2474-1
電話: 0285-84-2911
アクセス: 東北本線小山駅で水戸線に乗り換え、下館駅にて真岡鉄道に乗り換え、真岡駅下車。


見物する場合はスポットライトを点けてもらってください。
駅員に言えばスイッチを入れて入れてくれます。




■フジテレビの湾岸スタジオに、芳賀一洋作による「石の家」が常設展示されています。

場所  : 螢侫献謄譽咾痢嶇儡潺好織献」(東京都江東区青海2-36)
     「石の家」は1F展示場に陳列してあります
アクセス: 東京臨海新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」下車、歩5分
営業時間: 午前10時〜午後6時(火曜日定休)
入場  : 無料


フジTV湾岸スタジオにて
●展示ルームは現在休館中



■芳賀一洋著作による電子本「しぶ〜い木造機関庫をつくる」が(株)イーブックイニシアティブジャパンから発売されています。この本は自分のパソコンにダウンロードすることによってただちに読むことができます。定価600円+消費税。
内容: 記念すべき作者の第一号模型作品、非常にぼろい木造機関庫の制作課程を詳細に綴った奮闘記。マル秘テク満載の製作技法や図面も掲載されています。
購入方法: www.ebookjapan.jpにアクセスし本を検索してください。



上記電子本のほかにも下のような著作物があります。購入ご希望の方は当サイトwebmaster 宛にE-mail でお申し込みいただければ後日郵送いたします。

1995年 芳賀一洋・著
「80分の1.木造機関庫制作記」
定価¥1,080-
送料¥300-
●内容:作者芳賀一洋の記念すべき第一号作品、非常にボロい木造の機関庫を制作した過程での奮闘記。マル秘テク満載の製作技法や図面も掲載。

1996年 芳賀一洋・著
「続・木造機関庫制作記/雲の上から届いた便り」
定価¥2,052-
送料¥150-
●内容:上記「木造機関庫制作記」の続編。前書では模型の作り方が中心だったが、こちらでは「無理やり模型作家になっちゃうための」ノウハウが満載されている。

2000年 芳賀一洋・著
「木造機関庫制作記・完結編/国鉄真岡駅制作記」
定価¥2,052-
送料¥150-
●内容:作者は1997年、栃木県真岡市よりの依頼によって、昭和初期の真岡駅という模型展示物を作ったが、その制作の過程を詳細に綴った制作記。

2001年 芳賀一洋・著
「メイキング・モデル・オブ・ザ・トキワ荘」
定価¥3,240-
送料¥300-
●内容:作者は2001年、宮城県石巻市のミュージアム「石ノ森萬画館」に納入するための模型展示物「トキワ荘」を作ったが、その製作の過程を詳細に綴った制作記。

2002年 芳賀一洋・著
写真集「ICHIYOH/箱のなかのパリ」
定価¥2,376-((株)ラトルズ刊)
●書店にて発売中!
●内容:作者の代表的アートインボックス作品15点を、プロカメラマンによって多角度的に捉えた写真集




■作品等のユーチューブ映像
高知展会場での映像
https://www.youtube.com/watch?v=oIZo_y7qCpk
炭酸入りのレモネード
http://www.youtube.com/watch?v=qdk5T5WfW6o&feature=related
ニコレットの居酒屋
http://www.youtube.com/watch?v=-sFXEuSloI0
カルベ酒を飲む女
http://www.youtube.com/watch?v=L7nAZODVUkY
DANONE 1944年/夏
http://www.youtube.com/watch?v=_JcqbX_u4uM
サンドニの夜
http://www.youtube.com/watch?v=wECGziFeK1U
はがいちようドキュメント
http://www.youtube.com/watch?v=s2LAxfiDY6U
はがいちよう箱庭の芸術家/作品とお教室風景
http://www.youtube.com/watch?v=GgkxcVJBqCY
中古屋ブェイセイル
https://www.youtube.com/watch?v=dEPpdA0JvCo


■「雑誌等への最近の掲載情報」
――作品の紹介や展告知など、芳賀一洋にまつわる情報は以下の雑誌等で紹介されました。扱いの大小にかかわらず一律にリストアップしましたが、●印は、過去に近況報告のコーナーで内容を取り上げたことのあるものです。

●NHK BSプレミアム「東京ディープ!総集編」で紹介・2016年4月4日
●NHK BSプレミアム「東京ディープ!総集編」で紹介・2016年3月27日
●日本テレビ「ぎゃっぷ人」で紹介・2016年1月18日
●NHK「お昼のニュース・首都圏版」で紹介・2015年12月8日
●NHK「お昼のニュース・首都圏版」で紹介・2015年12月7日
●NHK BSプレミアム「東京ディープ!」で紹介・2015年11月9日
季刊「トーキングヘッズ叢書」(アトリエサード刊)2015年11月8日発売のvol. 64で紹介
高知新聞2015年8月12日夕刊で紹介
高知新聞2015年8月11日夕刊で紹介
高知新聞2015年8月10日夕刊で紹介
●季刊「トーキングヘッズ叢書」(アトリエサード刊)2015年8月8日発売Vol.61で紹介
山陰中央新報2015年3月22日朝刊で紹介
NHKテレビ「しまねっと」で紹介・2015年3月21日
●山陰中央新報2015年3月21日朝刊で紹介。
出雲ケーブルTV「出雲キャッチアイ」で紹介・2015年3月20日
山陰中央新報2015年3月20日朝刊で紹介
季刊「エクストラート」(アトリエサード刊)2015年3月23日発行のVol.4で紹介
季刊「トーキングヘッズ叢書」(アトリエサード刊)2014年11月7日発売Vol.60で紹介
季刊「トーキングヘッズ叢書」(アトリエサード刊)2014年8月9日発売のVol.59で紹介
●「ドールハウス作家事典2014」(丸善出版/刊)2014年5月20発売号で紹介
季刊「トーキングヘッズ叢書」(アトリエサード刊)2014年5月12日発売第58号で紹介
「月刊美術」(実業之日本社/刊)2014年3月号で紹介
季刊「トーキングヘッズ叢書」(アトリエサード刊)2014年2月10日発売の第57号で紹介
●月刊「とれいん」(プレスアイゼンバーン刊)2013年11月号で紹介
季刊「トーキングヘッズ叢書」(アトリエサード刊)2013年11月10日発売の第56号で紹介
静岡リビング新聞2013年10月19日朝刊で紹介
中国新聞2013年10月19日号で紹介
熊本日日新聞2013年10月18日朝刊で紹介
福島民報2013年10月17日朝刊で紹介
琉球新聞2013年10月15日朝刊で紹介
●南日本新聞2013年10月12日朝刊で紹介
高知新聞2013年10月5日朝刊で紹介
●岩手日報2013年10月4日朝刊で紹介
●秋田さきがけ2013年10月3日朝刊で紹介
●静岡新聞2013年9月27日夕刊で紹介
●神奈川新聞2013年9月27日朝刊で紹介
●愛媛新聞2013年9月26日朝刊で紹介
●東奥日報2013年9月25日朝刊で紹介
●四国新聞2013年9月24日朝刊で紹介
月刊「鉄道模型趣味」(機芸出版社刊)2013年9月号で紹介
●月刊「とれいん」(螢┘螢┘ご)2013年9月号で紹介
月刊「アーマーモデリング」(大日本絵画刊)2013年9月号で紹介
月刊「RM MODELS」(ネコバブリッシング刊) 2013年9月号で紹介
月刊「モデル・カーズ」(ネコバブリッシング刊) 2013年9月号で紹介
月刊「モデルアート」(モデルアート社刊) 2013年9月号で紹介
●ラジオ「FM世田谷/カフェ・アラモード」2013年8月20日の放送で紹介
●季刊「トーキングヘッズ叢書」(アトリエサード刊)2013年8月6日発売の第55号で紹介
●スペイン「ミニアチュラス」( Directora Miniaturas Magazine)2013年1月号で紹介
BSテレビ朝日「アクセス」で紹介・2012年2月15日
テレビ信越放送「レールに乗って」で紹介・2012年2月12日
月刊「アーマーモデリング」(大日本絵画・刊)2012年2月号で紹介
月刊「RM MODELS」(ネコ・バブリッシング/刊)2012年2月号で紹介
月刊「モデルアート」(モデルアート社/刊)2012年2月号で紹介
月刊「鉄道模型趣味」(機芸出版・刊)2012年2月号で紹介
「朝日新聞」2012年2月8日夕刊で紹介
「読売新聞」2012年2月7日夕刊で紹介
「上毛新聞」2012年1月30日朝刊で紹介
月刊「トレイン」(プレスアイゼーンバーン刊)2012年1月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年10月号で紹介
●英国「The Doll’s House Magazine」(GMC Publications)誌2011年10月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年9月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年8月号で紹介
米国「Miniature Collector」誌2011年8月号で紹介
●季刊「悠日6号」(ギャラリー悠日/刊)2011年7月15日発売号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年7月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年6月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年5月号で紹介
●季刊「悠日5号」(ギャラリー悠日/刊)2011年4月15日発売号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年4月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年3月号で紹介
●「月刊美術」(実業之日本社/刊)2011年3月号で紹介
雑誌「ダーナ」(校成出版社/刊)2011年1月号で紹介
●季刊「悠日4号」(ギャラリー悠日/刊)2011年1月15日発売号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2011年2月号で紹介
月刊「Model Cars」(ネコ・パブリッシング/刊)2011年1月号(176号)で紹介
「鉄道模型趣味」(機芸出版/刊)2010年12月号で紹介
●「月刊美術」(実業之日本社/刊)2010年12月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年12月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年11月号で紹介
●「月刊美術」(実業之日本社/刊)2010年11月号で紹介
雑誌「本当にあったゆかいな話」(竹書房)10月30日発売号で紹介
新聞「International Herald Tribune」2010年10月29日号で紹介
Fuji TV Art Net 「展覧会へ行こう!」2010年10月28日号で紹介
「しんぶん赤旗」2010年10月23日号で紹介
信越放送テレビ「レールに乗って」で紹介・2010年10月23日
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年10月号で紹介
●季刊「悠日3号」(ギャラリー悠日/刊)2010年10月15日発売号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年9月号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年8月号で紹介
●写真集「Railway Art 鉄道物語」(ARTBOX/刊)2010年7月30日発行号で紹介
●季刊「悠日2号」(ギャラリー悠日/刊)2010年7月15日発売号で紹介
●月刊「悠+はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年7月号で紹介。
●月刊「Daytona」(ネコ・パブリッシング/刊)2010年7月号で紹介
●月刊「悠+/はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年6月号で紹介
●月刊「悠+/はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年5月号で紹介
●米国「Miniature Collector」誌2010年3月号で紹介
●「月刊美術」誌(実業之日本社発売)2010年5月号で紹介
●季刊「悠日」(ギャラリー悠日/刊)2010年創刊号で紹介
●「月刊アーマーモデリング」(大日本絵画/刊)2010年5月号で紹介
●ウェブマガジン「ドリンクメッセージ」(運営/ダイドーコーヒー)2010年4月号で紹介
●月刊「悠+/はるかプラス」(蠅ょうせい/刊)2010年4月号で紹介
●季刊「悠日」(ギャラリー悠日/刊)2010年1月14日発売号で紹介
●ウェブマガジン「リノ部屋」(運営/螢潺汽錺曄璽燹2009年12月号で紹介
●「月刊美術」誌(実業之日本社/刊)2009年12月号で紹介
●スカイパーフェクトTV「新おとな総研」で紹介・2009年9月5日放送
「月刊美術」誌(実業之日本社/刊) 2009年7月号で紹介
●「月刊美術」誌(実業之日本社/刊) 2009年6月号で紹介
●NHKラジオ「どよう楽市」で紹介・2009年5 月9日
●雑誌「フーガ」(螢灰鵐僖好櫂ぅ鵐函砲脳匆陝2009年5月号
NHKテレビ「ゆうどきネット」で紹介・2009年4月23日
●NHKテレビ「おはよう日本」で紹介・2009年4月11日(TV)
「読売新聞」2009年3月31日朝刊(都民版)で紹介
●「読売新聞」2009年3月27日夕刊で紹介
●米国「Miniature Collector」誌で紹介・2009年3月号
雑誌「ハイパーホビー2月号」(徳間書店)で紹介・2009年2月1日発行号
●「創作市場28号/ドールハウスに遊ぶ3」(マリア書房刊)で紹介・2008年11月10日発売号
●ラジオ番組「土曜ちゃっかり亭」(CRT栃木放送)に出演・2008年8月23日
日本テレビ「ズームイン!!サタデー」で紹介・2008年6月7日
●米国「ミニチュアコレクター」誌・2008年1月号で紹介
●単行本「トキワ荘の春」(清流出版蝓2008年5月発刊で紹介
「ジャンプスクエア」誌(集英社/刊)で紹介・2008年1月4日発売号
●「昭和タイムカプセル」誌(ネコ・パブリッシング刊)で紹介・2007年12月発売号
情報カタログ「町あわせ」(がん治郎/刊)で紹介・2007年12月2日発売号
「モデル・カーズ139号」(ネコ・パブリッシング刊)で紹介・2007年12月1日発売号
●「読売新聞」で紹介・2007年10月21日朝刊・都民版
●「パンツァーグラフ! 10」(モデルアート社・刊)で紹介・2007年11月20日発売号
「月刊モデルアート」(モデルアート社・刊)で紹介・2007年9月号
●「FA」誌22号(COCOA出版・刊)で紹介・2007年9月号
●「しんぶん赤旗」で紹介・2007年8月17日号
●「朝日新聞」で紹介・2007年6月8日朝刊
●矢沢俊吾作品集「THE FASCINATORS」(螢瓮妊アワークス刊)で紹介・2007年5月
「東京新聞」で紹介・2006年10月24日朝刊
●日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」で紹介・2006年12月9日(TV)
●TBSテレビ「ニュース・バード」で紹介・2006年8月23日(TV)
米国「Miniature Collector」誌で紹介・2006年7月号
「浪漫飛行・創刊号」(螢┘そ佝納辧Υ) で紹介・2006年7月
「朝日新聞」2006年5月25日夕刊で紹介
●「伊豆新聞」2004年11月7日付け
●米国「Miniature Collector」誌、2004年11月号
●米国「Dollhouse Miniature」誌、2004年9月号
米国「Miniature Collector」誌、2004年7月号
「クイックジャパン」誌(大田出版・刊)2004年6月1日発売号(第54号)
●「プラウド」誌(野村不動産・刊)2004年5月号
●「クイック・ジヤパン」誌(大田出版・刊)2004年3月30日発売号(第53号)
●「クイック・ジャパン」誌(大田出版・刊)2004年1月21日発売号(第52号)
米国「Miniature Collector」誌・2004年、JANUARY号
●「クイック・ジヤパン」誌(大田出版・刊)2003年11月15日発売号(第51号)
独「ARV」テレビで紹介・2003年7月30日
●東京新聞――2003年3月29日朝刊
●「天上大風」誌(衫風書房・刊)2003年3月26日発売創刊号
●「週間アスキー」誌(螢▲好ー・刊)2002年12月17日号
「Free & Easy」誌(螢ぁ璽好肇薀ぅ帖Υ)2002年8月号
「コミックボックス」誌(蠅佞紂爾犬腓鵑廚蹐世と・刊)2002年6月号
仏「Maison de Poupee」誌・No59―2002年・春号
「DDD」誌(メディアワークス・刊)2002年3月30日発売の第11号
「DDD」誌(メディアワークス・刊)2001年12月20日発売の第10号
「DDD」誌(メディアワークス・刊)2001年9月10日発売の第9号
「サンデー毎日」誌(毎日新聞社・刊)2001年8月19日・26日合併号
「朝日新聞」・2001年6月18日朝刊
月刊「トレイン」誌(プレスアイゼンバーン・刊)2001年8月号
「DDD」誌(メディアワークス・刊)2001年6月30日発売の第8号
「DDD」誌(メディアワークス・刊)2001年3月20日発売の第7号
「SMH」誌(ホビージャパン・刊)2000年発売、第17号
「DDD」誌(メディアワークス・刊)2000年8月28日発売号(第5号)
米国「Miniature Collector」誌・2000年、SEPTEMBER号
●「モデルグラフィックス」誌(大日本絵画・刊)2000年11月号
月刊「pen」誌(TBSブリタニカ・刊)1999年12月号
スペイン「Miniatures」誌・1999年、OCTUBER号
「医家芸術・文芸特集」誌(日本医家芸術クラブ・刊)1999年11月号
ラジオ「ウィークリーウーマンズウォッチング」で紹介(FM東京)1999年10月28日
●「DDD」誌(メディアワークス・刊)1999年10月28日発売号(第2号)
「読売新聞・岡山版」1999年10月9日夕刊
「倉敷新聞」1999年10月5日朝刊
スペイン「Miniatures」誌・1999年、JULIO-AGOSTO号
「ファッション雑貨」誌(ファッション雑貨通信・刊)1999年7月号
●「G20」誌(アスキー・刊)1999年5月20日発売号
「月刊・男の隠れ家」誌(造形社・刊)1999年3月号
●「SMH」誌(ホビージャパン・刊)1999年、第14号
「月刊・男の隠れ家」誌(造形社・刊)1998年11月号
「読売新聞」1998年10月5日朝刊
「SMH」誌(ホビージャパン・刊)1998年、第11号
「デーリー東北新聞」1998年7月31日朝刊
「毎日新聞」1998年7月16日朝刊
週間「ぴあ」(ぴあ・刊)1998年6月15日号
テレビ「話題のスクランブル」で紹介(調布ケーブルテレビ・制作)1998年6月3日
週間「ぴあ」(ぴあ・刊)1998年6月1日号
「東京ウォーカー」(角川書店・刊)1998年6月2日号
「東京新聞」1998年5月29日夕刊
月刊「トレイン」誌(プレスアイゼンバーン・刊)1998年5月号
「真岡新聞」1998年1月3日号
「河北新報新聞」1997年10月9日夕刊
●「下野新聞」1997年10月9日朝刊
テレビ「ふれあいタウン」で紹介(調布ケーブルテレビジョン・制作)1997年6月12日
「月刊イベントレポート」誌(インタークロス研究所・刊)1997年6月号
「SMH」誌(ホビージャパン・刊)1997年、第9号
「毎日新聞」1997年5月30日朝刊
テレビ「トゥナイト2」で紹介(テレビ朝日)1997年4月6日
「月刊イベントレポート」誌(インタークロス研究所・刊)1997年3月号
「河北新報」新聞1997年2月20日夕刊
●「週刊文春」(文芸春秋社・刊)1997年2月20日号
夕方のテレビニュースで紹介(仙台放送)1997年2月13日
夕方のテレビニュースで紹介(東日本放送)1997年2月13日
夕方のテレビニュースで紹介(東北放送)1997年2月11日
「宮城新聞」1997年2月10日夕刊
夕方のテレビニュースで紹介(宮城テレビ)1997年2月10日
「河北新報」新聞――1997年2月12日夕刊
「河北新報」新聞――1997年2月6日夕刊
「ブルータス」(マガジンハウス・刊)1997年1月15日号
「楽」(マガジンハウス・刊)1997年1月15日号
「日本医事新報」(日本医事新報社・刊)1997年新年号
「アサヒグラフ」(朝日新聞社・刊)1997年1月号
「HANAKO」(マガジンハウス・刊)1996年12月26日号
「読売新聞」1996年12月26日夕刊
週間「ぴあ」(ぴあ・刊)1996年12月20日号
雑誌「やすらぎ別冊」(食養道徳研究所・刊)1996年12月10日発売号
「日経カデンダ」(日経新聞社・刊)1996年12月号
「月刊・室内」(工作社・刊)1996年12月号
雑誌「サライ」(小学館・刊)1996年6月6日号
「朝日新聞」1996年5月23日夕刊
ラジオ「ウィークリーウーマンズウォッチング」で紹介(FM東京)1996年5月20日
「週間文春」(文芸春秋・刊)1996年5月?日号
「月刊・室内」(工作社・刊)1996年7月号
月刊「鉄道模型趣味」誌(機芸出版・刊)1996年6月号
月刊「トレイン」誌(プレスアイゼンバーン・刊)1996年5月号
月刊「RM・MODELS」誌(ネコパブリッシング・刊)1996年5月号
月刊「トレイン」誌(プレスアイゼンバーン・刊)1996年3月号