「つげ展」へ行ってきた

  腰のマッサージを受けるため、調布の「玉川住宅」と呼ばれる古い団地まで、月に1〜2回通っている。そこにマッサージの先生が住んでいて、先生のご自宅である団地の一室で施術を受ける。
  行くのはいつも夕方で、夕暮れの甲州街道をしばらく下ってから、布田のあたりで左折。ほどなく京王線のガードをくぐり、更に7〜8分走ると、突然ガラッとあたりの空気が変わる。どこかからトトロが現れても不思議ではないような静かな一角にたどり着く。そこが多摩川住宅だ。木立が多く、人影がまばらで、歩道は必要最小限度の街灯で照らされ、物音がしない。わたしにとって今や馴染みの場所である。
  実はその場所がマンガ家つげ義春ゆかりの地だったことを、今回つげ展のパンフレットで知り、非常に驚いた。
  つげ氏が41歳のとき、家族3人で、念願の多摩川住宅に入居。代表作「石を売る」や「鳥師」を発表して、作品の中に団地の情景を描き込んだ。また「つげ義春日記」では団地での暮らしぶりを文字で綴っている。ちなみにさっき述べた京王線のガードも「散歩の日々」という作品の中に描かれている。(以上パンフレットより)。
  —–いやあ驚いた。
  以前ある方からの依頼で、つげ作品を映画化するため、立体作品としての背景を数点つくったことがあった。山野会長が機関車を、ゆうさんが鍍金工場を、ウエノ氏が髑髏を、クラバヤシ氏がボートを、テシバ氏が飛行機を、そしてわたしがちょっとした「天狗の壁」をつくった。そのため当時は目をさらのようにしてつげマンガを見つめた。また自分の作品「青春の北池袋」における卓袱台の上には、ちゃっかりつげ原稿(コピー)をディスプレーするほどの、わたしは大のつげファンである。だから先生が調布に住んでいることぐらいは知っていた。しかしまさか多摩川住宅だったとは。
  マッサージの先生(74歳)は、最初っからそこに住んでいるとおっしゃったので、もしかしたらつげ氏のことをご存知かも。
  こんど行ったら聞いてみよう…。

調布市文化会館2階北ギャラリーにおける「マンガ家・つげ義春と調布展」(1/5〜1/22日)。会場の入り口から内部を撮った写真。おびただしい数のマンガ原稿と解説パネル、写真などが展示され、非常に充実した内容だった。しかし土曜の昼だったのであまりにも客が多く、ゆっくり展示物を見ることができなかった。

「新年会のお知らせ」

  日課である短い散歩から戻ってみると、作業場の中央に山野順一朗(渋谷クラフト倶楽部会長)氏が立っていた。ノーアポだったので、びっくりし「どうしたの?」と尋ねると「新年会をやろうと思いましてご相談にあがりました」
  立ったまま彼はそう答えた。
 「まあ掛けろよ」
  と、わたしはスチール製の椅子を薦めながら
 「良いんじゃないの。ただしそんなに人は来ないかもしれないよ。まあ5〜6人も集まれば御の字と考えて、やったらいいよ。せいぜい宣伝するから‥」
  てな訳で、1月28日の午後6時から、池袋の「Na味」で、うちのクラブ(渋谷クラフト倶楽部)の新年会を開催することになりました。
  いまのところ(1月18日現在)では…
  サカイエリさん
  カトウノノゾミさん
  オガワミキさん
  ウエノシゲユキさん
  イッシキミヨコさん
  イッシキノエさん(ウェイトレスとして)
  タカハシトモミさん
  タカハシトシアキさん
  フクダアヤさん
  カネコマリさん
  ケッソクミズホさん
  以上の方々が参加を表明しておりますが、他のみなさんもお気楽に、どしどしご参加ください。
  会費は一人5000円です。
  Na味: https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13003939/

渋谷クラフト倶楽部とは、わたしの工作教室の現役生徒と、元生徒氏らの集まりです。作品展の開催や、旅行や宴会、勉強会など、コロナ前までは、いろんなことをやってきましたが、コロナ禍以降活動が鈍り、このごろでは作品展開催以外はほとんど何もやっていません。写真は2013年、茅ヶ崎での宴会。

「行ってきました」

  もう終わってしまったが、「魅惑のドールハウス展」を、暮れの26日に、「千葉そごう」まで見に行った。
  このイベント、主催はそごうだが、実際は、日本ドールハウス協会の全面協力によって構成された催しだ。どういうわけかわたしは協会の名誉会員になっていて、協会会長のあいさわかずこさんはボクの教室の元生徒である。そして彼女はうちのクラブ(渋谷クラフト倶楽部)の会員でもある。そんなお方がやっているイベントに行かないわけにはゆかぬ。
  家から車で50キロ。行ってみると、会場は、思っていたよりもずっと混んでいた。しかも、まともに入場料を払って入る客が結構いることに驚いた。(わたしはもちろん「招待券」)。優に100坪以上はあるとおぼしき会場に100点以上の作品が展示され、どれも名作、力作揃い。中でも一番気に入ったのは、5〜6名の作家たちによって共同制作された「男のゴールデン街」という作品だ。(縮尺1/12)。以前にも一度なにかの催しの折に見たことがあるが、そのときよりも一段とグレードアップされていた。
  場末の路地裏に、小さな飲み屋が肩を寄せ合いながら数軒ならんでいるという設定の作品だが、以前は8軒だった飲み屋が、今回は12軒に増えている。そのことによって更に本物のゴールデン街っぽく見えている。
 「へえ〜 店が増えたんだ」
  なんて、マジで凝視していると
 「あ、はがさん‥」
  近くにいたおじさんから声がかかり、振り向くと、当該作品の作者で、本作のプロジェクトリーダーを務めたツチヤ・シズカ氏が立っていた。
 「おお! ひさしぶりです!!」
  グッドタイミングでの再会を喜び、一緒に写真を撮った。

右がツチヤ・シズカさん。彼は日本ドールハウス協会の役員でもある。ほんとうは作品(男のゴールデン街)の前で一緒に撮りたかったが、夜の街をあらわした作品だけに暗い場所に置いてあり、それはできなかった。

「あけましておめでとうございます」

  今年はとうとう後期高齢者の仲間入りをはたします。さすがにこのごろ集中力が衰えてきましたが、まだ身体は動くので、いまでも毎日仕事をつづけています。午前10時には(写真の)机にすわり、夕方まで、毎日なにかをつくっています。これといった大病は患っておらず、なんとか元気に過ごしています。
  みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
  令和5年(西暦2023年)卯年元旦
  芳賀一洋(はが いちよう)

  上が今年の紙の年賀状の文面でしたが、少し追加で説明いたします。
  机に座るのは「午前10時」とありますが、正しくは「9時から10時までのあいだ」です。9時前に仕事をはじめることはありません。そして昼の12時から午後1時半まで、わりと長い昼休憩(昼寝)をとります。昼休のあと、3時間ほど仕事をすると、このごろでは飽きてしまうことがあり、そんなときにはいったん車でどこかへ買い物に出掛けるなど、気分転換をはかることもよくあります。そして午後6時半ごろから晩酌です。晩酌のあとはベッドで横になりダラダラといいちこ片手にUチューブや動画配信を見ながら過ごして、午前1時〜2時ごろ就眠します。
  小生とおない年の菅義偉前総理や一歳年上の北野武さんらと比べると明らかに活動量が落ちてますが、近所の老人たちを見渡すとなんにもしていない人も多く、彼らに比べりゃちょっとはマシといったところでしょうか。
  ——-本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年賀状は、短い挨拶文と写真との組み合わせで印刷し、毎年お出ししてきました。ここ数年はコロナ関連の話題を主とした文章でしたがが、今年はどうするのか、ギリギリまで非常に悩みました。悩んだ末に今般の絵柄と文面になりました。わたしの賀状を毎年楽しみにしているとおっしゃる方もいらっしゃり、当分悩みは尽きません。

「今年の漢字」

  コロナ前だったら、この月の小欄には、忘年会ネタのひとつやふたつが必ず混ざっていたものだが、今年はまったくなんにもなかった。しょうがないので年末に、ちょっとだけ仕事をし、ペンギンギャラリーの、あの作品を、うまいこと修理してしまった。(下の写真)。入り口ドアーの、ステップの位置を逆側に取り付けてしまったことを当蘭で反省(11/24日付)し、大いに嘆いた作品だったが、その後気を取り直して修理に挑み、お約束の年末までに、ギリギリセーフで見事完成させてしまった。
  さっそく依頼主であるM氏に電話したところ
 「そんなに急がなくても良かったのに‥」
  みたいなことを言われ、ガクッときた。
  ———まあ、そのうち取りに見えるだろう。
  M氏との付き合いはかれこれ20年ほどになり、氏の依頼で制作したペンギン作品は、確かこれで5作目。これとは別に、コロナ前から「水曜グルーブ」というクラスで「ペンギン兵が立つ酒場」という作品を、ただいま制作中の身でもあり、ある意味わたしは、このところずっとペンギンまみれの生活を送っていた訳である。従って小生における今年の漢字は「人鳥」か。あるいはただ単に「鳥」であろう。
  (人鳥と書いてペンギンと読むのだ)。
  ——-みなさん、良いお年を‥。

以下の方法でステップの位置を付け替えました。①]向かって右側にあったステップをむしりとって左側につけ直し、ネジで止める。②むしりとった跡や、その周囲の傷んだ箇所をパテで補修し、キレイにやすりをかける。③新たなステップの位置にあわせて、石畳を、バンドソーで切り取り、切り取った石畳を、旧ステップがあった位置へ移動してノリ付けする。④ノリのつなぎ目(石畳の切り口)を隠すために、その上にいくつかの小物をならべる。以上である。むかしだったら一日で終える仕事だが、なんと3日もかかった。

「あいさわさんからの手紙」

  芳賀先生
  いつもお世話になっております。
  先日は紹介の件でお手数をおかけしましたが、先生の声を聞けたので良かったです。
  本日はドールハウス展のチラシと、ご招待状を送らせていただきました。
  年末年始のせわしない時期のイベントにあたふたしております。
  また師走のせわしない時にチラシをお願いいたしましてすいません。老骨に鞭打つ気合いで頑張って参りますので、告知よろしくお願い申し上げます。
  これからまだまだ寒い冬を乗り切らないとなりませんので、どうぞお体をご自愛してお過ごしください。

  日本ドールハウス協会のあいさわ会長から上のようなご丁寧な手紙が届いたのは昨日の夕方だった。チラシを見ると今週末から千葉で「ミニチュア展」が開催されるらしい。
  以下内容だ。

  タイトル: 「昭和レトロとノスタルジー/魅惑のミニチュア展」
  会場: そごう千葉店・6階・催事場
  日程: 2022年12月23日(金)〜2023年1月4日(水)
  時間: 午前10時〜午後8時(入場は閉場の30分前まで)
   ※12月31日、1月1日は午後7時閉場。1月4日は午後4時閉場
  入場料: 一般500円、大学高校生300円、中学生以下無料
  主催: 株式会社そごう/協力: 日本ドールハウス協会、株式会社亥辰舎etc.

  今回わたしは出品致しませんが良かったらぜひお出かけください。
  つきましては無料招待券を差し上げます。希望者はお申し出ください。ただし先着順です。

出品作家は、あいさわかずこさん、秋山利明さん、河井行雄さん、朝子さん、ASAMIさん、岸本佳代子さん、倉田吉実さん、宍戸千春さん、島津ひろこさん、〆野美さん、髙橋起弥さん、高橋弘美さん、土屋静さん、西美加子さん、橋本京子さん、服部香さん、平田由香さん、平山伸子さん、ふるはしいさこさん、松木与志彦さん、みつもとみちこさん、八柳敬子さん、YUKINOさん、ribbonさんら計24名の方々です。(以上五十音順)。

「立体画をつくった理由」

  48歳の秋、HOゲージの蒸気機関車を格納するための車庫(機関庫)を突然つくりはじめ、そのことがきっかけで今から26年前の12月、新宿伊勢丹で作品展を開催することになった。
  40坪ほどのギャラリーにいくつかの機関庫や、それらにまつわる情景(ジオラマ)を展示するという当初の計画だった。しかしジオラマは盆栽のように平らな台の上に並べて展示するものなので、ただそれだけだと壁面がガラ空きになってしまう。12月の繁忙期にガラ空きのカベを見せるのはマズイと考えた担当者が、その年の夏にわたしを呼び「壁掛け式の絵のようなもの」をいくつか追加でつくってくれないかと尋ねた。
  「やってみましょう!」
  と、その場で即答し、それから急につくりはじめたのがアートインボックスである。結局伊勢丹展までのあいだに15点ほどつくり、ジオラマ作品に加えて、会場の壁を飾った。
  以上が、わたしが立体画をつくることになった理由だが、そのへんのことをベラベラしゃべっているUチューブ映像があるので、以前にも一度紹介したことがありますが、よかったらご覧になってください。
  https://www.youtube.com/watch?v=66SCoj0ZXJ0
  なお映像の中でアニキと呼んでいるのは義兄(家内の兄)のことです。

 はじめて「アートインボックス作品」を展示した新宿伊勢丹・新館8階「ファイン・アート・サロン」の様子。1996年12月25日〜30日。右から3番目の作品は「セーヌ・フルール」。その左は現在カタールのアフマド邸に展示中の「ベランダのムード」。左から2番目は「ビクトルユーゴ通りのブーランジェリー」。このときはイーゼルがまだなかったので陳列するのに非常に手間取ったおぼえがある。