いつでも嫁に

 「あるマンガ家の住居」(略して「あるマン」)がまたひとつ完成したということを前々回書いた。(5/27日付当欄)。わたしはこの作品を過去3回つくったが、最初の2作はすでに嫁に行き、3作目を現在展示用として使っている。
 「どの作品が好きですか?」
 などとエキシビションの会場で尋ねると、たいがいの客は「東屋」(あづまや)と答え、その次が「ニコレットの居酒屋」か、あるいは「あるマン」だ。ここ10年ほどこれは変わらない。
 先日もぼくのギャラリーで、ある客が「あるマン」を眺めながら、わたし、これが好きなのと言った。みなさんそうおっしゃいますよ、と悠長にお答えしたところ、なんと彼女は、それを「買いたい」という。
 「えええ〜っ!!!」
 客の目はマジそのものである。相当びっくりしたが買うという客に売らぬとは言えない。だが展示中の「あるマン」は、客の目線にあわせるため、台(ペース)を異常に高くつくってあり、自宅に置くには邪魔だろうと申し上げ、幸いつくりかけのもうひとつの「あるマン」が倉庫にあるので、それに低いベースを取り付けて、至急仕上げることを約束した。かくしてこのところ人生4作目の「あるまん」に挑んでいた。が、なにしろコロナ禍である。ほとんどの教室が自粛に追い込まれたこともあって、思ったよりもスイスイ進み、おかげで予定よりも早く完成した。
 もういつでも嫁に行けます。
 (下の写真)

 そういうわけで「あるまん」は過去4回つくったがトキワ荘は5回もつくっている。月末には「トキワ荘講演」も控えていて(5/1日付記事あり)このところ仕事はみんなマンガがらみ。更にいえば「あるマン」の室内に散らばっているマンガの原稿は、1作目からずっとつげ義春の「腹話術師」を使っている。つげと言えばいま映画化が進んでいる「ねじ式」の原作者だ。どういうわけか小生はその映画の背景も手伝っていて、本日この日も夕方そのことで映像監督が打ち合わせに見えることになっている、等々、等々、やることなすことすべてマンガがらみの今日このごろである。

ドールハウスミニチュアショウのこと

 前回(2020年)は自粛を余儀なくされた「ドールハウスミニチュアショウ」だったが、今年は万全のコロナ対策を施した上で、下記要綱により実施されます。

 タイトル: 第23回「東京ドールハウスミニチュアショウ」
 会場: 東京都立産業貿易センター台東館7階展示室
    住所: 東京都台東区花川戸2-6-5
 日程: 2021年7月10日(土)/午前12:00〜午後5:00
    (10日は前売券をお持ちの方のみ入場できます。)
 日程: 2021年7月11日(日)/午前10:00〜午後4:00
    (11日は当日券、入場券、前売券をお持ちの方が入場できます。)
 主催: ドールハウスギャラリーミシール
 入場料: 当日券1,500円/会場入口にて販売
 お問合せ: 03-3816-6977(ミシール)
  http://dollshouse.co.jp

 コロナ禍ゆえ、入場にあたってはマスク、消毒、体温チェックなどを行い、混雑を避けるための入場制限や、ときには入場者の入れ替えなどを行うことがあります。
 わたしは今回、ほんの1〜2点しか展示しませんが、全国から60を超えるディーラーたちが様々なミニチュアグッズを展示販売いたしますので、是非お出かけください。なお希望者には7月11日(日)のみ入場できる「入場券」(下の写真)を差し上げますのでご連絡ください。
 ただし先着順です。

むかし「トゥナイト2」という深夜の情報番組があった。1997年の秋、この番組でわたしの作品が紹介され、それを見た「日本ドールハウス協会」の岩瀬勝彦前会長がベスパに乗って(後ろのシートに渡辺智美ちゃんを乗せて)ぶっ飛んできた。岩瀬氏とも、智美ちゃんとも、このときが初対面。その翌年、同協会によって開催された第一回ドールハウスミニチュアショウに10点ほどの拙作を展示、以後今回まで、ずっと作品を出し続けている。その岩瀬氏が数年前にお亡くなりになり、いまは、あのときベスパの後ろに乗っていた渡辺智美氏が代表を務める「ドールハウスギャラリーミシール」がこのショウの主催者である。

これってヤバくない⁉︎

 このところ「トキワ荘講演」(5/1日付記事あり)のことで頭がいっぱいだ。企画書を見ると講演時間2時間となっている。金を払って聴きに来た客を、しゃべりで2時間ももたせるなんて尋常なことじゃない。しかも今回はテレビも入るという。
 あまりにも不安なので、先日車で、講演会場「豊島区千早地域文化創造館」まで打ち合わせに出かけた。午後2時、駐車場に車を止め、ふと前を見ると
 「おおおおおぉ〜 鍍金工場だぁぁぁぁ!!!」
 小さな鍍金工場が午後の陽光を浴び、半開きの扉の中で工員たちがうごめいている。こりゃー写真を撮らねばならんとただちに車から降りてスマホを構えたちょうどそのとき、佐川急便の4トントラックがやってきて建物の真ん前に路上駐車。
 「な〜んだよ〜まいったな〜」
 工場はまったく見えなくなり、イライラしながら約5分待ったが一向に去ろうとしない。マズイ、これ以上待つと遅刻になる。やむなくわたしはその場を離れ、打ち合わせへ。そして帰りに、ふたたび駐車場に戻ると、さすがにもうトラックの影はなく、かなり西に傾いた日差しが、工場の上半分だけを照らした、なんとも“つげ的な”シュールな写真が撮れた。
 つげ義春は中学校卒業と同時に地元の鍍金工場に勤めるが、仕事がイヤで、マンガを描き始め、1973年には「大場電気鍍金工業所」という傑作を残している。先月ゆうさんが完成させたのも「鍍金工場」だ。その鍍金工場が(当節めったにお目にかかることのない鍍金工場が)このたびの講演会場の目の前にあったなんて、これって、ヤバくない⁉︎

手前の石畳が千早文化創造館の駐車場。車が7〜8台止められる。その駐車場の手前がこのたびの講演会場である「千早地区文化創造館」だ。つげワールドが正にその目の前にあった。
 

あるまんのこと

 またひとつあるまんが完成した。
 ご存知だと思うが「あるマンガ家の住居」(1/15)というタイトルの作品を略して我々はただ「あるまん」と呼んでいる。非常にボロい三畳ひと間の作品である。「また」と書いたのは、つくったのがこれで4回目だからだ。
 最初は2002年の春、前年に制作した「15分の1トキワ荘」の瓦が大量にあまったため、それらを有効利用するためにつくりはじめ、勝手口(実はこの家の玄関だが)の横に「ひったくりに御用心—-肩掛け、前カゴ、暗い道—–池袋警察署」という標語をワープロで打って貼りつけて完成。作品題名を「庚申塚の借家」とした。庚申塚(こうしんづか)とは豊島区に存在する地名で、トキワ荘が豊島区だったので、おなじ区から響きのいい地名を選んだ。なかなか良い題名だとおもったが二作目以降は使えなくなる。
 「はがさん、こういう張り紙は、ワープロ打ちじゃダメですよ、やっぱり手書きでなけりゃ」
 と、あるうるさ方氏からご指摘を受けて、同年後期にクラフト教室の課題作として制作したもうひとつの同型作品では、「この土地と家屋は絶対に売りません、賃貸しもお断りです!」という手書きの文字にチェンジした。これが受けた。うるさ方氏にも大受けしたが「売らない」と主張する家が「借家」というタイトルには矛盾があり、2作目の題名は「あるマンガ家の住居」とした。
 更に2011年に、やはり教室の制作課題として、またまたあるまんを制作することになる。前二作は嫁に行ってしまったので、三作目はもっぱら展示用として使うために、台(ベース)をうんと高くして、題名を、より文学的な「青春の北池袋」へと改めた。(展示会でいつもお目にかけているのはこの作品だ)。
 ところがである。そのあと2014年から、今度は自由が丘の教室で、みたびあるまんを取り上げることになり2016年の9月まで続いた。終了時には完成一歩手前のところまで出来上がっていたが、おなじ作品がふたつあってもしょうがない。長らく未完のまま倉庫の片隅に眠っていた。
 以後次回——。

完成間近のあるまん。最新作だ。勝手口手前の張り紙の文字が読み取れるだろうか。最初にこれを書いた当時、ネットはまだ未発達で、近所の図書館や池袋のジュンク堂書店に毎日通って昭和の写真集を漁り、やっとこの文言に出会えた。そしてそれを手書きの文字に変換するなど、なんだかんだで一週間はかかった記憶がある。

震災直後のトキワ荘

 少し前に当欄で「トキワ荘講演」のことを宣伝した。(5/1日付け)。そのカンケーで、むかしつくったトキワ荘の写真を探していたら、おもわぬレアものが見つかった。(下の写真)。
 撮られた日付は2011年5月18日、場所は宮城県石巻市にある石ノ森萬画館の2階通路脇。東日本大震災の2ヶ月後に現地を訪れたわたしが、懐中電灯を片手にトキワ荘(1/15)の無事を確かめているところだ。ここは漁港で有名な石巻である。当然ながら津波の被害を受け、このときはまだ停電中だった。しかし浸水は1階部分のみにとどまり、当時2階に展示してあったトキワ荘は辛くも難を逃れた。(現在トキワ荘は1階に展示してあります)。
 ま、そんなはなしもいたしますので、6/27日の「トキワ荘講演」にぜひお出かけください。まだ若干の空席があるそうです。詳しい内容とお申し込みは下記URLをごらんください。
 https://www.toshima-mirai.or.jp/tabid216.html?pdid1=2437

左から、元生徒サカエリさん、同ままやさん、青いポロシャツの人物は津波来襲時にたったひとり館に残った漫画館スタッフの大森盛太郎さん。この写真を撮ったのは確か山ちゃんだった。

遊馬ブラックのこと

 自由が丘のぼくの教室に遊馬弘(あすまひろし)という生徒がいる。遊馬氏の本業は望遠鏡などの金属部品をつくる仕事だそうだ。望遠鏡といえば真っ黒である。なので彼は金属によく食いつく黒い塗料に詳しい。
 10年くらい前に、なにかのパーツを黒く塗るとき、彼に相談したことがあった。するとただちにリポビタンDの小瓶につめた塗料が届いた。これがなかなかのすぐれものだった。完全なるマットの黒色で、金属の地肌に直接筆塗りが可能で、乾けば剥がれない。わたしは勝手に「遊馬ブラック」と呼んだ。
 それから10年経って、いま自由が丘でやっている東屋教室において、たくさんの絵筆をつくる必要があり、ひさしぶりにそれを使うことにした。
 下の写真をご覧いただきたい。普通の虫ピンにただ遊馬ブラックを塗っただけでかんたんに絵筆(1/12)が製造できる。虫ピンの頭をニッパで切って、 叩いて潰し、そこに遊馬ブラックをぬる。そして胴体にも同じものをぬると、ただそれだけで立派な筆になる。絵の具やラッカーではこのあじはだせない。
 この魔法の塗料は遊馬さんが自分で開発したオリジナルで、みなさんへも宣伝してほしいと言われていたので、今号の記事として紹介した。
 イエサブのわたしの棚(の最下段)で入手できます。30cc入り小瓶一本756円。(もちろん遊馬さんから直接分けてもらうのも「アリ」でしょう)。

かなりドロッとした塗料なので、よく撹拌してご使用ください。稀釈液はラッカー薄め液ですが、上の写真における筆を製造する際にはまったく稀釈せずに用いました。なおイエサブの棚とは秋葉原スーパービル6階イエローサブマリンスケールショップの中のショーケース「はがいちようのミニチュアコレクション」のことです。

ゆうさんの鍍金工場完成!

 写真はゆうさん作による鍍金工場。縮尺7分の1。例の「ねじ式」の映画化における背景美術として去年の9月からつくりつづけてきた作品だ。
 写真では全体像がわからぬが、映画に映るのはだいたいここだけ。原画では中央のグラインダーが猛スピードで回っていて、真ん中の椅子に腰掛けた老婆が尖った金物を研いでいる。一体なにを研いでいるのか、ここがなんの工場なのか、わからない。だが原作者による別の作品にはこれとほとんどおなじ絵(場面)があり、そこにはハッキリ「鍍金工場」と書いてある。鍍金とはメッキのことだ。ではなんでメッキ屋の入り口に床屋のサインポールがあるのか。これには諸説があり、かんたんには説明できない。
 まあとにかくそういう作品が出来上がったので、彼はそれを車に積み込み、4月24日の午後、こちらへ持ってきた。急遽わたしも手伝って最後の仕上げに取り組み、翌25日の夕刻、ねじ式総監督の本部事務所(阿佐ヶ谷)へと運び込んだ。
 つまり納品したってことである。
 いやあ、ゆうさん、ごくろうさんでした。
 監督は作品を非常に気に入っていたと思う。
 よかった。よかった。
 しかしこの映画(ねじ式)には、これからつくらねばならぬ背景が、まだ20近くもあり、この先一体どうするのか‥。

いかにもつげ義春(ねじ式の原作者)らしい、静かな貧しさにあふれた、美しい作品である。原画には描かれていなかった電灯を、あえてぶら下げたことが成功している。この写真をぜひつげ先生に見ていただきたいものである。作品全体の大きさは、幅850ミリ、奥行き300ミリ、高さ350ミリ、(以上の寸法はわたしの推測です。計ったわけではありません)。